債務整理が浪費妻の良いクスリに

若く、容姿の良い妻を娶ったのですが容姿のよさを保つためには美容用品の購入が必要だ、

 

と妻から度々お金を要求され、借金を背負うまでになりました。

 

所謂浪費妻であり、年配になっても家事をせずに家の中ですら煌びやかに着飾っています。

 

お金のかかる妻を娶ってしまったと後悔しましたが、

 

一度結婚をした手前、離婚をする訳にも行かずに夫婦仲を保つために妻に貢いでいる状態でした。

 

債務が膨れ上がり、妻自身も借金を行い、泥沼状態に陥った時に債務整理を行ないました。

 

債務整理を行なうなんて、と自分でもびっくりしています。

 

債務整理を行なったり、借金をする人間は不真面目であると考えていましたがいつの間にか自分がそうなっていたのです。

 

債務整理は逃げ、と思っていたのですが債務が膨らんでしまっては債務整理をする他解決方法はありませんでした。

 

債務整理ができなければ闇金などにお金を借り、妻を売り飛ばしたり、私も過酷な肉体労働を強いられていたかもしれません。

 

債務整理後、妻は懲りたようでありお洒落にお金を使わなくなり、

 

また仕事もフルタイムで行なってくれるようになり、以降お金には困らなくなりました。

 

債務整理で改心をしたようであり、良い薬になったようでした。

 

借金返済救済のらくりんcom